車の免許は合宿免許で楽々取得~短い期間でドライバーになれる~

1日のスケジュール

案内

運転免許を取得する方法の1つが合宿免許です。合宿免許に興味はあるけれど、初めての場合は何かと不安に感じてしまうことでしょう。不安に感じてしまうのは、履修プログラムや運転免許を取得するまでの大まかな流れを正しく把握していないのが原因です。こちらでは運転免許を短期間で習得することが出来る合宿免許の、基本的な1日のスケジュールご紹介していきます。

まず合宿先教習所では、最初に学科プログラムと教科書が配布されます。そして合宿の前半に1段階、後半に2段階というように段階を踏んでプログラムが進められていきます。1段階から2段階へ進む際には、第1段階の終了検定、適性試験、仮免許学科試験に合格する必要があります。

基本的に起床したら朝食時間があります。朝食は合宿先の食堂で摂ることが出来ますが、場所によってはお弁当が支給されるタイプもあります。そして午前には学科教習、午後には実技教習というようにスケジュールが組まれています。午後の教習の時間はスケジュールによってバラバラになることもあるので、自分の教習時間外は基本的には何をしていても大丈夫です。そして、夕方の18:00ごろから19:00に最終的な授業が終了し、残りの時間は自由時間となります。この自由時間の過ごし方は、合宿先の宿泊施設によって異なります。中には温泉施設がついている合宿所などもあり、自由な時間を過ごすことが可能です。以上が合宿免許の大まかな1日の流れになります。これらを参考にして、合宿免許に参加し運転免許を取得して見てはいかがでしょうか。